不妊症の原因
1) 男性不妊 (30〜40%)
 造精機能障害 乏精子症 2千万/ml未満
精子無力症 直進精子50%未満、又は、高速運動精子25%未満
奇形精子症 正常形態精子30%未満
  無精子症 精液中に精子を認めない
 射精障害 無精液症 精液が射出されない
2) 頚管因子 (15%)
頚管粘液不全 頚管狭窄 頚管炎
3) 卵管異常 (35%)
卵管閉塞 狭窄 周辺癒着 卵管采変形
4) 排卵障害 (15〜20%)
卵胞発育不全 卵胞未破裂
5) 受精障害 (5%)
6) 着床障害 (20〜25%)
 子宮形態異常 先天的 双角子宮 中隔子宮 等
  後天的 子宮筋腫 子宮内ポリープ 子宮腔癒着 等
 黄体機能不全 ……… 黄体ホルモンが十分に分泌されない
    子宮内膜がホルモンに反応しない
7) 子宮内膜症 (20〜30%)
卵管周辺の癒着 チョコレート嚢腫
8) 免疫が関与 (5〜10%)
抗精子抗体 等
9) 機能性不妊 原因不明不妊 (10〜20%)
通常の不妊検査では異常が認められないもの
 不妊症の原因はこれらの一つ、あるいは、複数が関与しています。
 それらを実際に診断し、治療を進めるためにいくつかの検査を受けていただきます。