体外受精・胚移植を受けられる方へ
 このパンフレットは、横浜市立大学で初めて体外受精・胚移植を受けられる方のために作成されたものです。よくお読みになり、具体的にもっと詳しく知りたいことやご不明な点がありましたら遠慮なくお尋ねください。
1) 対象
 体外受精・胚移植法の対象者は、これ以外の医療行為によっては妊娠成立の見込みがないと判断されるもので、現行の婚姻制度に基づく夫婦であり、挙児を希望し、心身ともに妊娠・分娩・育児に耐えうる状態であることが必要です。
2) 適応
  1. 卵管性不妊症:両側の卵管が閉塞している方、卵管の機能異常があるために体外受精以外の方法では妊娠が期待できない方
  2. 男性不妊症:夫の乏精子症、精子無力症などで専門医による治療を受け、人工授精を何回か行っても妊娠に至らなかった方
  3. 免疫性不妊症:女性側に精子に対する抗体(抗精子抗体)が精子の子宮頸管通過障害や受精障害を起こすことが知られており、この抗体により妊娠が成立しないと考えられる方
  4. 原因不明不妊症:不妊原因が不明で卵巣刺激や人工授精など積極的不妊治療をしたにもかかわらず妊娠に至らなかった方、また不妊原因が特定されているが、有効と思われる治療を一定期間試みても妊娠に至らなかった方
3) 実施方法
1.体外受精を始める前に
 当パンフレットまたは医師の説明により御夫婦の同意が得られた場合、1回の体外受精・胚移植毎に同意書を提出していただきます。
 卵巣、子宮の状態が採卵、着床、妊娠維持が可能かどうか評価するために、子宮癌検診、内診、超音波検査を行い、卵巣および子宮の疾患、奇形の有無を診断します。
 術前検査(採血、採尿、心電図、胸部レントゲン写真)をして採卵術をはじめとする諸治療をしても問題がないかどうかを確かめます(術前検査は6ヶ月毎に受けていただきます)。
 また現在治療中または過去に治療した疾患がある場合、薬剤アレルギーがある場合は必ず申し出て下さい。

2.卵巣刺激法(卵胞発育の方法)
 体外受精では移植可能な良好胚を得る確率を高めるために、排卵誘発剤による卵巣刺激を行い、複数個の成熟卵を採取するようにします。また発育した卵を採取する前に自然に排卵が起こらないようにする必要があります。当科で行っている卵巣刺激法を説明します。

@GnRHアゴニスト(スプレキュア)を使用する方法
 GnRHアゴニスト(スプレキュア)は下垂体からの卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの自然分泌を抑制し、排卵誘発剤の効果のみで卵胞を発育させ安定した採卵環境を得ること、また自然に排卵が起こらないようにするために投与するものです。
 スプレキュアは投与直後は上記のホルモンの分泌を促進し、1週後位から抑制するため通常前周期の高温相より朝昼晩1日3回左右の鼻腔に噴霧します(ロングプロトコール)。自然に排卵しない方は内服薬で高温相をつくった後に同様によりスプレキュアを使用します。
 月経第3日目頃より排卵誘発剤(FSH製剤またはhMG製剤)の注射を連日行います。外来で経時的に経腟超音波断層法により卵胞発育のモニタリングを行い、卵胞の大きさがある一定の大きさ(平均径18mm以上)になったら採卵日を決定します。
 スプレキュアは採卵日2日前の夜まで噴霧します。
 採卵日2日前23:00に卵の成熟を促すために、救急外来でhCGを注射します。

 また特殊な方法として、採卵数の少ない患者さんに、スプレキュアを月経開始直後より開始し、月経第3日目頃より排卵誘発剤を投与する方法があります(ショートプロトコール)。これはスプレキュアは投与後数日間は卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を促進(1週後位から抑制します)する性質を利用したものです。つまりスプレキュアと排卵誘発剤により卵巣刺激を行い、採卵数を増やすために行います。

AGnRHアンタゴニスト(セトロタイド)を使用する方法
 セトロタイドは本邦では2006年9月に発売された新しい薬剤です。スプレキュアと異なり即時に卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの自然分泌を抑制し、自然に排卵が起こらないようにします。
 月経第3日目頃より排卵誘発剤(FSH製剤またはhMG製剤)の注射を連日行います。
 卵胞の大きさが14mm程度になったら排卵誘発剤とともにセトロタイド0.25mgを連日皮下に注射します。
 卵胞の大きさがある一定の大きさ(平均径18mm以上)になったら採卵日を決定します。セトロタイドは採卵日2日前まで投与します。同日23:00に卵の成熟を促すために、救急外来でhCGを注射します。




3.採卵法
 通常、hCG投与後約35〜36時間後に行います。
hCG製剤の注射を受けられた翌々日の午前9:30に病院1階の入退院センターで手続きした後、10−1病棟に入院していただきます。
 採卵時麻酔をかけるために、入院当日は朝より食事・飲水をしないようにしてください。採卵は3階外来手術室で行います(休日は9階分娩室)。採卵直前に術前注射、点滴をし、静脈麻酔にて経膣超音波で卵胞を確認しながら針を穿刺し、吸引することにより卵胞液と共に卵子を採取します。
 卵子が採取されたことを確認した上で、御主人に精液を採取していただきますので、採卵当日午後0:00までに10−1病棟で待機できるようにしてください(御主人が来院できない場合は入院時に精液を持参して下さい)。
 麻酔から覚め、歩行可能となった後帰宅します。
 精液中の元気な運動精子のみを回収し、卵子にかけて受精させます。場合によっては顕微受精(説明は別紙)を行います。

4.受精の確認
 採卵の翌日、受精したかどうか判定します。受精卵がなければ、残念ながらこの時点でキャンセルとなります。また、受精していたとしてもその後胚移植が可能な良好な受精卵になるか否かは翌日にならないと判りません。

5.胚移植
 採卵の2日後(4細胞)または3日後(8細胞)が胚移植日です。原則として形態良好胚から2胚を選択し、胚移植を行っています。良好胚が余った場合は同意を得た後胚の凍結保存を行っています(説明は別紙)。胚移植は子宮腔内にカテーテルを挿入し、ここから子宮内に胚を戻します。簡単な操作なので麻酔は使用しません。したがってこの日は朝食をとられてもかまいません。胚移植時に黄体機能を促進するためにHCGの注射をします。胚移植後1時間安静とし、当日に退院となります。
 また胚盤胞を移植する場合は(前回の体外受精で良好胚を移植しても妊娠に至らなかった場合等に移植します)、採卵後5〜6日後になります。胚盤胞移植の際の移植数は原則として1胚です。

6.黄体賦活法 
 胚移植翌日より、黄体機能を維持する目的でプロゲステロン膣坐薬1日2コ(朝夕)を14日間使用していただきます。また、卵巣過剰刺激症候群(卵巣の過剰腫大)をチェックし、問題がなければ、胚移植2日後、4日後にhCGの注射をします。
 その他黄体賦活法として黄体ホルモン製剤の筋肉内注射や卵胞ホルモン・黄体ホルモン合剤を服用する場合もあります。
 胚移植後2週間後(胚盤胞移植の場合は11日後)に来院していただき妊娠の判定を行います。
4) 費用
 体外受精・胚移植は現在保険が適用されていません。費用は、それぞれの卵巣の反応性など個人差がありますので多少の違いはありますが、おおよそ1回あたり、卵巣刺激分約12万円前後(誘発剤の種類、量により異なります)、採卵・胚移植分約21万円前後、合計で約32万円かかります。
 また、顕微受精、胚盤胞移植、胚凍結を行う場合は別途費用がかかります。
 横浜市および神奈川県では不妊治療の助成制度があります(所得制限あり)。ご希望の方は相談して下さい。
5) 妊娠率
 体外受精・胚移植法は一般的になりましたが、妊娠率はまだ全国的に見て採卵あたり20%、移植あたり30%弱です。また年齢や精子の状態によって成功率に差があります。
6) 合併症等
  • 採卵による合併症:採卵により腟壁からの出血、卵巣からの出血(腹腔内出血)、骨盤腹膜炎が生じることがあります。また稀ですが、膀胱を通過して卵胞穿刺を行わなければならなかった場合に膀胱出血を起こすことがあります。通常は軽度ですが、性器出血が持続する場合、腹痛、発熱、血尿が出現した場合は病院に連絡して下さい。
  • 卵巣過剰刺激症候群:排卵誘発剤の投与により多数の卵胞が大きく発育し、卵巣が腫大、腹水が貯留するものです。重症になると胸水が貯留し呼吸困難となり、血液が濃縮する結果乏尿となり、脳動脈血栓や腎不全など生命に危険が及ぶような合併症が発生する場合もあります。
     この病態は妊娠が成立した場合増悪することが知られています。当院では卵巣過剰刺激症候群が発生する可能性が高い場合は、患者様に同意を得た上で、卵巣刺激周期には胚移植はせず、良好胚を凍結し次の周期で解凍胚移植する場合もあります。
  • 多胎妊娠:新鮮胚移植での多胎妊娠率は20%以上となります。当院では原則として4〜8細胞期胚の移植胚数の2個、胚盤胞移植の場合は1個としています。
  • 子宮外妊娠:自然妊娠における子宮外妊娠発生率は0.3〜0.7%とされているが、新鮮胚移植での子宮外妊娠発生率は5%弱に及ぶことが報告されています。
7) その他
  • 世界で最初の体外受精による生児の誕生は1978年、本邦では1982年であり、まだ30年余りしかたっておらず、児の長期予後に関してはまだ明らかではありません。
  • 当院は日本産科婦人科学会の生殖補助医療実施医療機関に登録しており、当学会への体外受精、顕微授精、胚の凍結保存の治療実績の報告義務があります。
  • 治療経過に関する情報を、匿名性を保った上で学会発表あるいは学術誌に投稿する  ことがあります。
  • 当院では不妊認定看護師によるカウンセリング(予約制)を行っています。治療内容 に関する疑問や不安等ありましたらお申し出ください。